蘆花浅水荘


Profile
 蘆花浅水荘(またの名を記恩寺)は大正期に日本画家である山元春挙によって建てられた数寄屋建築である。
 当時における最高の材と技術をもって作られた。
 細部に至るまで遊び心とも呼べる趣向がちりばめられており、かの時を偲ぶに留まらせない、生き生きとした魅力に満ちている。
Access
アクセス方法
京阪石山坂本線
瓦ヶ浜駅下車徒歩五分

瓦ヶ浜駅からの道順
① 線路沿いにある
「膳所焼美術館」の看板に沿って進んでください
② つきあたり(膳所焼美術館の前)を左へ曲がってください。
③ 公園を右に見ながら通り過ぎ、広い道に出たら、車に注意して渡ってください。
④ かやぶき屋根の門が
蘆花浅水荘の入り口です。

蘆花浅水荘へお越しの際は
便利な公共交通機関を
ご利用ください。
Information
Contact


所在地
〒520-0837 滋賀県大津市中庄一丁目19番23号

連絡先
E-Mail. master(%アットマーク%)sen-sui-so.jp
(蘆花浅水荘活性化推進委員会)
お部屋の貸切をご希望の場合
メールにてお問い合わせください。

TEL. 077-522-2183(蘆花浅水荘(記恩寺))
見学をご希望の場合はこちらへお電話ください。

当サイトの運営について
当サイトの運営は、山元寛昭様の承認の下、
蘆花浅水荘活性化推進委員会が行っております。